マンチェスター・ユナイテッド|チェルシーの新しいホームユニフォーム

マンチェスター・ユナイテッドの新しいホームユニフォームは、クラブの前身であるニュートンヒース・ランカシャー&ヨークシャー・レイルウェイズFC時代のユニフォームに由来です。当時彼らが使用していたのは有名な黄色と緑の2トーンカラーのユニフォームで、今回はそれを濃淡の赤で表現します。また、2色の赤をつなぐ部分には、マンチェスター市のクレストデザインがアイデアのベースとなった蜂の巣型の模様が取り入れられました。産業革命時代のクレストに描かれている働き蜂は、工業に従事した労働者を表現したものです。マンチェスターは、産業革命において中心的役割を担っており、懸命に仕事に従事する姿勢はクラブのDNAに刻まれ、赤いユニフォームを着て戦う選手たちにもそれが注入されています。

新しいアウェイユニフォームはadidasと契約して2年目のモデルが、定番カラーの一つである青を基調にしたデザインです。スリーストライプスは肩の配置します。またアクセントとして、産業革命時、マンチェスターは綿の生産を中心としていました。この事実からメランジ調のデザインを全体に施し、ストリートカジュアルとしても着用できるユニフォームに仕上げました。

チェルシーは2015-16シーズン、前季王者でありながら開幕からまさかの低迷。結局12月、レスター・シティに完敗した直後にジョゼ・モウリーニョ監督は解任され、フース・ヒディンク監督のもとで残りのシーズンを戦っています。すでにタイトルの望みは絶たれ欧州カップ出場権にも手が届かない状況だが、2日の試合では同じロンドンのライバルチーム、トッテナム・ホットスパーと意地の引き分けです。元指揮官クラウディオ・ラニエリ率いるレスターの初優勝をアシストしました。

来季は現イタリア代表のアントニオ・コンテ監督が就任することが決まっています。その2016-17シーズンに向けたチェルシーの新ユニフォームが4日に発表され、伝統の青のホームが登場しました。ニューモデルはVネックを採用したどちらかというとクラシカルなデザインで、正面にはエンブレムに使われているクラブのシンボル、ライオンのパターンが透かしで入れられている。スリーストライプスは2016-17モデルらしい脇の配置。胸スポンサーは引き続き日本の横浜ゴムが務めます。

おススメサイト

サッカー 日本代表 ユニフォームは2016新型のユニフォームが人気販売中!日本代表選手に応援して、或いは選手達の力になれて頑張りましょう!

新型サッカー スパイクはここに大集合します!サッカーをする時、一番重要なものはサッカー 用品です。

nba ユニフォームを始め、NBA Tシャツ、NBAパーカー、NBAジャケットなどNBA関連商品が豊富に品揃えています!

日本代表 レプリカユニフォームはここにチェックします!品質が保証し、全品が送料無料で、どうぞご安心して選んでください!